肌が花粉症!?

11月 23rd, 2012

春になりますと多くの人が悩むと思います。花粉症ですね。
花粉症になりますと鼻がむずむずしたり、くしゃみが頻発したり
目がかゆくなったりと不快なことこの上ないと思います。

でも花粉症の症状というのは鼻と目だけじゃないんですね。
これは肌でもおこりうることなんです。

花粉症というのはアレルギー反応の一種で、
本来なら起こらなくていい免疫反応が過剰に起こることで
引き起こされてしまいます。

免疫システムの暴走で、自分自身の細胞を傷つけてしまうというわけです。

ですので、体中どこでも起こる可能性があります。
目と鼻の中は粘膜で覆われていますけど、表皮でもあります。
そして同じ表皮である肌で花粉症が起こっても不思議ではありません。

春になると肌が異常にかゆくなるとか、肌荒れがおきやすくなる、
ひどいときにはかぶれたり湿疹ができることもある。
これは花粉が原因になっているのかもしれませんよ。

それを予防するためには基本は肌に花粉がつかないようにすることですよね。
服にもつかないように、表面がなめらかな生地のものを選ぶ。

家に入るときは花粉を払ってから入る。
それからお風呂に入ってちゃんと洗い流す。
もちろんこのときは力を入れて肌を傷つけたりしないように注意です。

メイクのほうも、ファンデーションだけだと花粉がくっつきやすいですので
ファンデーションの上にパウダーを使ってさらっとさせるとよいようです。

究極のお肌のケアをしよう